パラオのダイビングショップ

ブログ&ニュース

スリー マンタス

本日は一昨日からのゲスト様のダイビング最終日です。

潮汐表を見ていたら、マンタと出会える確率が高い
満潮時が朝9:00ちょうど。
なので、前日の夕食の際にお客様と相談し、
ホテルへのお迎え時間を20分早めました。
そして、セッティングも早々に済ませ、早めの出航。

マンタポイント「ジャーマンチャネル」に着くと
ブリーフィングも終えているのですぐにエントリー。
この作戦が功を奏しエントリー2分で移動中のマンタをゲット!!
すぐに通り過ぎてしまいましたが、諦めません。
さらに進む事3分。出ました 出ました。
クリーニングステーションへ向かうマンタ2枚ゲット!!
さらに奥にも!!
3枚のマンタをゲットです。
作戦 成功!!

エキジットすると予定していた方面の波がちょっと高い。
なので、キャプテン「スティンさん」と相談し、
ゲロン島へ移動。

「ゲロン インサイド」ではコモンシコロサンゴに戯れる
ホソフエダイとノコギリダイの群れに囲まれます。
パラオには多い変色の黄色いギンガハゼもマクロモードで
じっと観察しあっという間にダイビング終了。
マクロダイブは本当に時間を忘れますね。

そして最終ダイブの「ゲロン アウトサイド」。
緩い逆潮でしたがとにかく魚影が濃い海です。
クマザサハナムロの群れやカンムリブダイのお食事風景
などをみていると、

きたーーーー

マダラトビエイ様。
パラオではマダラトビエイは神の使い。
なので縁起がいいお魚なんですね。
そんなとビエイちゃんとしばらく遊んでもらい
安全停止後、浮上。

お店への帰りがけには「ミルキー ウェイ」に立ち寄り、
お肌をすべすべにして帰ったのでしたとさ。

おしまい。