パラオのダイビングショップ

ブログ&ニュース

ペリリュー島 お勉強ダイブ

本日、ペリリュー島へ向かうボートがあると聞き、
本日は当店のお客様のご予約もありませんでしたので、
お勉強の為にひとり同乗させて頂きました。
ペリリュー島へはお店があるマラカル島から
ダイビングボートで60~70分程離れた南にあります。
ここは激戦地としても有名です。
天皇陛下が2015年に慰霊に訪れた事でも有名です。

もうすぐペリリュー島!!

本日は乾季らしいベタ凪の海面。
快適ですね~
1本目は「ペリリューカット」から「ペリリューコーナー」へ。

ペリリューらしい激流です。くぅーーーーー

ギンガメアジの群れもいますが皆さん無視ですw
そう、狙うはロウニンアジの群れ!
ロウニンアジはGT(ジャイアント トレヴァリー)の頭文字をとり、
釣り人やダイバーからはGTと呼ばれています。
成魚は単独で暮らし大きいものだと1m以上になる魚です。
ガッツリと激流を楽しんでいると・・・

遠くから魚影が!ギョエーーー

みんなの息が合うのを確認したら一斉に群れにぶっこんでいきます!
素晴らしい!!

休憩はポイントから5分程のペリリュー南の波止場「キャンベック」に
立ち寄ります。おトイレもシャワーもあります。
快適に休憩できますね。

そして、2本目と3本目は
「ペリリュー エクスプレス」から「ペリリューコーナー」へ。
もの凄い流れです。
ただ、流れに逆らいません。流れに乗っていきます。

GTの群れをまたまたゲットです。
良い流れですもんね。出ますよね~。

でも、注意が必要です。
下へ向かう流れ、そうダウンカレントが掛かります。
自分の吐いた泡が下に下がるのです。

魚ばかり見ているとダウンに引き込まれます。
なので、深度チェックは必須です。

安全停止は泡まみれになりますが、友人の川道君は泡まみれを楽しんでおりますw

ペリリューの海はやはりレベルが高いですが、
スキルが合う方限定となりますが、
やはり良い海です。