パラオのダイビングショップ

ブログ&ニュース

ゆっくりと

パラオ店のカズです!!

昨日、3月のJALチャーター直行便が
パラオ国際空港へ到着しました。

降りてきた皆様、マスクをつけた方が多かったです。
やはり日本は花粉すごい事になっているのですかね?
空港へお出迎えに行った時に早速鼻が少しムズムズ。
手荷物についてきた花粉でしょう。
花粉きてますねぇ~

ちなみにパラオでは花粉症の症状でません。
杉がないんです。

今、パラオは日本からの定期直行便がありません。

パラオへくる今現在の方法は(僕が住んでいたのが東京なので、今回は成田発をご紹介)

・成田ーインチョンーパラオ (大韓航空 木・日 運航)
・成田ーインチョンーパラオ (アシアナ航空 水・土 運航)
・成田ーグアムーパラオ   (ユナイテッド航空 土曜日以外毎日運航)
・成田ー台湾(桃園)ーパラオ(チャイナエアライン 月・水・土 運航)

があります。

乗り継ぎではありますが、1つの旅で2ヵ国を味わえるのは
お得だと思いますよ!
だって文化の違う人々と出会えるんですからね。

さて、お話はパラオへ戻りまして、
ご到着のお客様を空港でお出迎えし、お食事を一緒に!っという事で、
夜の街へとご案内。

本日は、ダイビング初日となりますので、流れの緩やかなポイントをご案内。

1本目は「ジャーマンチャネル」へ。
うーーーーん。マンタ様出ません・・・・・。
でも、ホウセキキントキの100匹以上の群れや、ギンガメアジの群れ、
ジョーフィッシュなど大物小物両方楽しめます。

休憩後、2本目はよくお弁当を食べる時に使う係留ブイから潜る通称「ベントーポイント」へ。
そう、パラオでは日本が統治していた時代にパラオ人に日本語教育をしていたので、
日本語がパラオ語になっているものもたくさんあります。

例えば、
ビールを飲む事を「ツカレ ナオス」、電気は「デンキ」、
映画は「カツドウ」、美味しいは「アジ ダイジョーブ」、
ハンガーは「エモンカケ」などなど、他にもたーくさんあります。

海の話に戻りますね。
ベントーでは、小物に集中。
自分の目が小物探しの目なので、振り返って皆様の安全確認以外は、
マクロの目。
そこへ、海がめタイマイが出現。大きさに思わずドッキリww

そして、ベントー(弁当)を食べてw
3本目はゲロン島にある「ゲロン インサイド」で
これまたまったりダイビング。

ですが、コモンシコロサンゴの群生には、
ホソフエフキやノコギリダイがびーーーーーーっしり!!

これだけいれば爽快ですね!

でも、やっぱマクロの目へ。
頬にギンガのような青い模様があるギンガハゼ。

通常、ギンガハゼは銀色の個体が多いのですが、
パラオには黄色いギンガハゼがたくさん。

たくさんいるので撮影の為に近づいてハゼが巣穴に逃げてしまっても、ダイジョーブ!
たくさんいるので、がっつり近寄りましょう。

明日は、外洋に出てみようと思います。