パラオのダイビングショップ

ブログ&ニュース

最終日は島内観光へ

パラオ店のカズです!!

昨日はお客様のご帰国日でしたので、
窒素の関係でダイビングは出来ず。
なので、島内観光ツアーを開催!

市街地コロールを出発し、まずは本島といわれる
「バベルダオブ島」へ。
島が大きな橋でつながっており、
後でご紹介しますが、車で島を渡れます。

バベルダオブ島の東側に首都マルキョク州があります。
そこには大きくて立派な国会議事堂があり、
見学自由です。

晴れている日は空の青に建物が映えて
とてもキレイですね!!

まあるい天井の内側はこんな感じです。
すてきです!!

お次は島の最北部アルコロン(またはガラロン)州へ。
ここの最北部には日本軍の灯台跡があります。
真北には日本があり、まっすぐ北上すると
ちょうど兵庫県になります。
日本からの艦隊はこの灯台を目指してきたのでしょうね。
灯台はもう戦争でやられてしまいボロボロですが、
ここからの景色がまた絶景!!

そして1周道路に戻り、目指すはガラスマオ(ガラツマオ)の滝へ。
落差30m、幅37mの大きな滝です。

しかし、雨が少なかったようで、水量は少し残念・・・。

ですが、こんな時は滝つぼの魚をじっくりと撮影してみましょう。

「オオクチユゴイ」という、もちろん淡水魚が住んでおります。
肉食性らしいですが、こんなところで餌は何を食べているんでしょうかね?

さて、島を一周し終えましたのでコロールへ戻りましょう。

コロールとバベルダオブ島をつなぐ橋。
これが「KBブリッジ」です。
コロールのkとバベルダオブのBでKBブリッジ。
初代の橋は某国の業者の手抜き工事により橋が落ちました。
水道や電気が橋の下をとおっていたので、コロールの街は
何か月も機能しなかったといいます。

そこで、日本の鹿島建設が再建し、今に至ります。
なので、「日本ーパラオ 友好の橋」とも呼ばれています。

最終日は島内観光もぜひ!!
リクエストお待ちしておりまーす!!