パラオのダイビングショップ

ブログ&ニュース

桟橋ダイブ

パラオ店のカズです!!

2019年 マグロが初競りで史上最高3億3360万円。
US$なら約297万9530ドルw(本日現在)
もうよくわからない数字ですねw

11日間も潜って頂きましたゲスト様の最終ダイビングですので、
窒素抜きも兼ねて出発の前日は、うちのお店前の桟橋を3ダイブ行いました。

3ダイブといっても最大水深は10mちょっとですので、
窒素は、ほぼ問題ありません。

お店前の桟橋付近はマクロ生物の宝庫なんです!!
お店前は海なので、店舗から徒歩15歩なのに
(15分じゃないですよ、15歩!!)

そこはもうお魚がいっぱい!!

そこで、本日は小物好きにはたまらないマクロ専門ダイブを行いました。
カメラをかまえると もう、あっという間に時間が経ちます。

そこで、第2回お魚の値段調査~

桟橋前のお魚たちをネットで調べて
ペットショップでいくらぐらいの値段がついているか
調べながら本日のお魚たちをご紹介していこうと思いますw

まずは、「セグメンテッドブレニー」

日本ではまずみられませんがパラオでは内湾で普通にみられます。

胴体がキリンのような模様をしていてとてもかわいいです。

そして観賞魚としてのお値段は・・・

だいたい ¥1,800ぐらいー

お次は、「オバケインコハゼ」

ボテッとして大きいんです。
でもかわいいんですw

ちなみに観賞魚としてのお値段は・・・

だいたい¥3,980-

お次に見れたのは、「イトヒキテンジクダイ」さん。

青い目がきらりと光りかわいいですが群れているので、
1匹のお値段が気になります。

ちなみに観賞魚としてのお値段は・・・

だいたい¥710~800-

お次は「コロールアネモネシュリンプ」です。

イソギンチャクのようなサンゴ 「クサビライシ」に住んでいます。
だいたいこのクサビライシを探すと、このエビが隠れています。
卵を抱えている個体も多いです。大きくなれよぉ~


ちなみに観賞魚としてのお値段は・・・
だいたい¥¥3,980-

オバケインコハゼと同じですね。

お次は・・・ 「キイロサンゴハゼ」

エダサンゴにに住んでますがお出かけした時がチャンス!!
シャイなのですぐサンゴに隠れてしまいますが、
少し待っているとまた出てきてくれますw


ちなみに観賞魚としてのお値段は・・・
1匹¥850-ぐらい。まずまず。

そして定番の「マンジュウイシモチ」です。

もう不動の人気もので。
別名 イチゴパンツ。体の模様でよくわかります。

がんばれ~!!!!

はいっ、¥800-

お次は「ホシゾラハゼ」の一種

ピョコピョコしたホバーリングが見ていてかわいいです。

ずばり!!
売ってませんw

そして大人気のハゼ「カニハゼ」ちゃん。

お店前の桟橋には稚魚から成魚までたくさんいます。
カニハゼ天国です。
そんなあなたは・・・
¥1,280-でした。

そして黄色と青のコントラストが綺麗な
「ブルーバックダムゼル」君。

値段無し。

という事で、じっくりマクロ派の方お店前の桟橋下でゆっくりカメラ撮影しませんか?
お待ちしております。