パラオのダイビングショップ

ブログ&ニュース

パラオの車検

パラオ店のカズです!!

本日はノーダイビングでした。

パラオでは1年に1回、車の登録の更新が必要になります。
もうすぐ、お店の車の車検が切れるので
まだ期限まで1週間ほどありましたが、本日済ませる事にしました。

順を追ってお伝えしてみます。

1、まずは警察署に行きます。日本みたいに交番はありません。
ここで、今までの車検証を持って書類の手続きです。

2、これが終わると「お金払ってこいよー」と婦人警官に言われます。
支払いは車で3分ほどのTAX OFFICE、そう税務署です。
ここで、パラオ政府の自動車税のようなものを納めます。
ちなみに$75-  ち~ん!

3、書類に納税後のレシートを付けて警察署へ。
ここで、「コロール州の税金も払わんかい!」っと優しく言われます。

4、なので、先程の税務署と真逆に3分程の
コロールキャピタル(コロール州の役場)に行き、$35-を支払います。 ち~ん!

5、このレシートも書類に付けて再び警察署へ。

ここで、普通はプリズナー(囚人)と書かれたTシャツを着た
模範囚の人が、
「ライトつけて。ブレーキ踏んで。ウインカー出して。窓のスモークシールの濃さを計るよ。」
っとなります。
計器類が動けばいいのです。
これがここでの車検です。

でも今日は、このアマアマな車検すら無く書類通過(笑)

でも、最後に模範囚の方に
「おまえのナンバープレート 見づらいぞ。タダで新しいのに変えてやるから待ってろ」
といわれました。

まあ、確かに数字の色が消えているので言われた事はごもっとも。

で、待っていると・・・・・


じゃーーーーん!

ナンバープレートの数字が全く変わってるじゃん!

っという事で、お金は変わらずでしたが書類だけやり直し。

しかも、自動車の任意保険に入っているので
この後、保険屋さんに行って番号変更の登録までする事になりました。

ちなみに、パラオでは車の前側のナンバーは必要ありません。
だって、くれないんだもん。

おしまい。