パラオのダイビングショップ

パラオのお勧め

ゴビー河合

パラオ店のカズです!!

本日はパラオの東側ゲメリス方面へ。

1本目は「ジャーマンチャネル」
もちろんマンタ様も個体が違う、4枚は確実に見れました。

そして運命の2本目。「ブルーコーナー マクロ穴」へ。
本日のゲスト様は、一眼レフをお持ちで1200本オーバーのがっつりマクロ派ダイバー。
名前は「ひでおちゃん」w
僕が日本にいた時の姉妹店 「ザ ダイブファクトリー で三鷹本店」で勤務していた時からの
長いお付き合いでもう10年以上になりますかね。

ベテランダイバーなので、ブルーコーナー 上げ潮側 2番ブイの真下にある
水深約30mの「マクロ穴」へ。

ここは名前のとおりマクロはダイバーには超有名なポイント。
パラオに来て 大物を追いかけていた僕ですが、
伊豆で21年 潜っていた以来、久々のマクロで燃えました。もえーーー!
レアハゼだらけです。そう、パラオはハゼの聖地です。

先程も言いましたが、水深30mあるので減圧症にならない為に、
残留窒素(今ではNDL ノー デコンプレッション リミットという)の
限界を超えない為にもエンリッチドエア(ナイトロックス)が大前提。
エンリッチドエアを詳しく知りたい方は
 https://www.padi.co.jp/scuba-diving/padi-courses/course-catalog/enriched-air-diver-course/

という事ですので、今日のダイビングす全ては 酸素濃度約32%のエンリッチドエアを使用。

きゃーーーー!!!!

やはり「マクロ穴」は面白い!!!!!

ヘルフリッチと呼ばれている「シコンハタタテハゼ」はダイバー慣れしていれ
巣穴に全然隠れませんw
写真 撮り放題w


お次は「アケボノハゼ」
皇后 美智子が命名の提案をされ、ハゼ研究をされていた天皇陛下が名付けたハゼちゃんだそうです。
アケボノとは「横綱 曙さん」ではなく、

曙:「ほのぼのと 夜が明けはじめるころより時間的少し前をさす」(デジタル大辞泉より)

という事で、このハゼの色合いを見れば夜明け前の空の色のようだと・・・
納得の命名ですね。さすがのセンスですね!!

ちなみに僕が命名したなら・・・ きっと
目つきが悪いから
「キレイナヒレダケド オコッテンネン ワシ! ウオ」

品がないですね・・・w

そして、「ニチリンダテハゼ」
パラオでは、僕も熟知している ここに行けば ここにいるよー ってとこに行けばぼぼ100%見れます。
なので、レアものじゃないんだぁ なんだぁ~」っと思ってはいけません!

背ビレが立って 背ビレになる黒く見える日輪 そう、日の丸を思い浮かべましょう。
ねっ、海外でも日本を感じる事が出来ましたねwww

お弁当休憩の後は カメラのをセッティングをいマクロ→ワイドに切り替え、
大物ダイブ。
3本目は「ニュードロップオフ 上げ潮側」へ。

弱い流れでしたのでカレントフック使用ぜず魚を待ちます。

っとそこへ、繁殖為に集まったミヤコテングハギの群れが出現。
色が黒いのでとても地味ですが、ミヤコテングハギを食べようと無数のサメがやってきます。
ミヤコテングハギは体色が黒く写真では地味ですが、
サメに追われて集団で一斉に方向を変えたり、群の数が多くて実際に見ると見ていて飽きません。

明日もGOOD DIVEでありますように。