パラオのダイビングショップ

ブログ&ニュース

パラオに行く前に。。。。

 
パラオは自然で囲まれた国。パラオの産業(主に観光、漁業、ココナッツ栽培など)ほとんどが、自然と共生し生まれているもの。この自然を継続し、残していく為に観光客が知っておくべき税金や許可証があります。

◆出国税

パラオ出国の際にパラオ国際空港で一人$20(3歳未満無料)が現金で徴収されます。 うっかり使いすぎなんて事がないように人数分を残しておきましょう!コレを支払わないと出国できませんよ!!!

◆グリーン税

コチラは環境税と言うもの。 パラオの自然を体験した方たちから、今後もパラオの自然を守って行くあために徴収される税金。 出国の際、パラオ国際空港で1人US$15を現金で徴収される。

◆ダイビングパーミット

パラオでは、州ごとに異なるダイビング許可証を発行しています。 ロックアイランドを含むコロール州では$50ジェリーフィッシュレイク付きは$100*いずれも6歳未満は不要です。

◆フィッシングライセンス

パラオで釣りをする為にはコレが必要となります。$20

◆ツーリスト許可証

ガラスマオ州やアルコロン州での観光には$5 ダイビングに対しては$15の許可証が必要

◆ペリリュー島

島内観光$5/day、$12/7days(11歳以上)ダイビング$15/day、$25/7days

◆取材

取材でパラオを訪れる方も要注意!州ごとに撮影許可が必要となります。

電化製品

 日本から電化製品を持ち込み場合、ほとんど、そのまま利用することが出来ます。*長時間使用する場合は変圧器が必要です。 インターネット環境には、決して良いとはいえません。 メールが届かない、インターネットが繋がらないということもしばしば。

治安について

 治安はとても良いパラオですが、なんと外出禁止令がありコロール、アラカベサン、マラカルでは深夜2時(18歳未満は深夜0時)から朝6時まで外出が禁止されています。 この時間帯に外出やドライブをしていると、旅行者でも拘留されることがある。

現地通貨

 パラオの現地通貨はUS$になります。 現地では、日本円からの両替も可能ですが、レートが決して良くありませんので、事前に両替をしておくことをオススメします。 また、クレジットカードが使えない店舗などもあるので、ご注意を!