パラオのダイビングショップ

ブログ&ニュース

内湾 お勉強ダイブ

パラオ店のカズです!!

本日のパラオは快晴。
波もありません。海況良好!

ですが、ダイブマスターMr,TAKAの内湾ダイブ勉強です。

1本目は主要ダイビングショップから15分程の「ショートドロップオフ」です。
主に下げ潮に向かう時に潜ります。

ドロップオフの崖を左に見ながらコーナーの先端を目指すダイブスタイルです。
カスミチョウチョウウオなどたくさん群れていますが、
実はマクロも面白いんです。

ニチリンダテハゼが同じところにいるのでよく挨拶します。
かわいいですね。

コーナーの終盤ではオオメカマスやバラクーダが登場!!
目をマクロにしていいのかワイドにしていいのか忙しいですね。

2本目はマクロ派に大人気の「セントカーディナル」へ。
ダイブマスターMr,TAKAはもうここの地形は把握済み。
なので、小物探しを楽しみます。
いつものナカモトイロワケハゼを狙いに水深28mまで移動。

・・・・。 ・・・・。

今日はいません。 次!

ナマコに寄生する何かを見つけました。
何かは分りません。 次!

エントリーロープのすぐ下にいるカニハゼは
ちょこちょこ動きが早すぎです。
もう少し大きくなって動きが鈍くなるのを待ちましょう。

お弁当を食べて3本目は「ヘルメット レック」へ。
日本の軍用貨物船でした。
全長は57,6m。幅は9,5m。
左舷の甲板の下にたくさんのヘルメット(鉄兜)が積まれているので
ヘルメット レックと呼ばれています。

パラオには戦争で沈んだ軍艦がたくさんあります。
全ての沈んだ船の名前と場所が記録されているそうですが、
ただ、この船だけは記録が出てきません。

「零式三座水上偵察機」において使用されていた当時の三菱重工業製の金星エンジンが
積まれているからです。
きっと軍事機密船だったのでしょう。

それと、2か所に爆雷(ばくらい)といって
潜水艦を攻撃する為の水雷兵器です。

信管も残っており、ピクリン酸という火薬が溶け出してきているので、
TAKAさん、くれぐれもここでマスク脱着の練習とかしないで下さいねw

そして船首にはビール瓶の空き瓶が残っています。
ここで「ツカレナオス!」していたのでしょうか。
本当にお疲れさまでした。

歴史も学べるパラオの海は非常にオールマイティです。
ぜひいろいろなパラオの海を見に来て下さいね。

明日は外洋でファンダイブの予定です。