パラオのダイビングショップ

ブログ&ニュース

ジェリーフィッシュレイク

パラオ店のカズです!!

本日はokuma様 御一行様のご帰国日となります。
なので、窒素の関係でダイビングは出来ません。

しかし、我ら海を愛する軍団はそれでも海に出かけます。
そうです。潜れない日でもスノーケルを楽しんじゃうんです!!

っという事で、お店前の桟橋を出港。
ものの数分でポイントへ到着。

ゼロ戦(零式艦上戦闘機)が沈んでおります。

すごい浅いのでペラが水面から出る勢いです。

お店から南東約10kmに沈んでおります。
やはり戦争の歴史を感じる事の出来るポイントです。

そしてお次のポイントは2班に分かれます。
第1班は、かのアントニオ猪木氏の島「イノキ アイランド」へ。
残る第2班は「ジェリーフィッシュレイク」へ。

ジェリーフィッシュレイクは海水の入った汽水域です。
そこに無数のクラゲがいましたが、数年前の干ばつにより、
数が激減。しばらくの間 閉鎖されておりましたが、
徐々に数を増やし今では全盛期の約半分まで回復。
早速いってみます。

湖というだけあって周りは島々に囲まれていて、幻想的です。

湖に行くには、丘を登って そして下ります。
圧巻です。ちょっとしんどいですが・・・

そして約束の時間に合流し、お次は「セメタリー」という
スノーケルポイントへ。
もの凄い数の魚と戯れる事が出来ます!!
やばーーい!!


スノーケルツアーが終わり、お客様をお送りしたら
お店にパラオ人の友人 クインシーが登場。

「カワイ サシミ スキ?」との質問。
好きだよ。っと答えるとしばらくの間、彼はいなくなりました。
数十分後、クインシーは戻ってきて魚を3匹持っています。

そうです!!お店前の桟橋から素潜りで水中銃スピアガンを使い、
魚を捕りにいってましたw
そして手慣れた手つきで魚をおろし始めます。

見事なお刺身の完成!!
すぐに潜ってこんなお刺身をすぐに作ってしまうなんて、
さすがに本日は「僕は海外で暮らしているんだなぁ」っと
実感しました。

クインシー ご馳走さんでした!

夜はお客様と合流し、宴会へ。楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。
okuma様御一行様、ありがとうございました!!

お早いお帰りをお待ちしております!!