パラオのダイビングショップ

ブログ&ニュース

マクロも楽しもう!

パラオ店のカズです!!

昨日、お店前の桟橋下でマクロダイブを行いました。

とめてある自社ボートからバックロールでエントリー。
桟橋を固定するロープを使って潜降できますので、
ロープなし潜降に自信が無い方でも安心ですね。

この場所の水中は、
基本的に砂地と泥地、そしてサンゴが群生しております。
基本的には流れがなく、最大深度も10m程。
水温は30℃!!

なので、じっくりとマクロダイブが楽しめるのであります。
ただし、干潮時は少し濁りがはいりますのでガイドロープを
ひきますから、ロープが見える範囲でじっくり撮影を楽しんで
頂けます。

まずは、ウミウシ!
パラオではあまりウミウシをみかけません。
というか、ウミウシを探す潜り方をあまりしないんですね。

このウミウシは「ホソスジイロウミウシ」
けっこう動きが速いんですw

そして、シャコ貝。

以前これをみつけて、ここを潜る度に成長を見守っています。
あ、食べませんのでご安心を。
(僕は貝苦手なのであります)

辺り一面のサンゴをみると、いたる所に「マンジュウイシモチ」がいます。
大人は体半分に赤い点々模様があるので、通称イチゴパンツw

でも稚魚の時はこの赤い点がなく、透けてます。
大きさは小指の爪の半分ぐらいでしょうか。

砂地に目をやると「ヒノマルハゼ」もあちこちでみられます。
この写真では分りづらいですが体に黒い○、すなわち日の丸を掲げているのです。

けっこう逃げないのでじっくり撮影できますよ!

エントリーしてすぐのサンゴには「キイロサンゴハゼ」のペアがいます。

名前のとおり黄色いハゼですが、とてもかわいい!

でも、すぐ逃げるので撮影するには少し粘って時間がかかります。

頭を下にして暮らしている「ヘコアユ」も登場。

でも逃げる時は普通の魚と同じ体を横にしてピューっと逃げます。
動きは速いです。

そしてここでは定番の「カニハゼ」
あちこちにペアがいます。

砂地のハゼはエビと共生して、エビに巣穴を掘ってもらう種類が多いのですが、
カニハゼはエビとは共生せず、自分の口で砂を咥えて巣を掘ります。
頑張っていい家作ってね。

動画はこちらをクリック ↓
https://youtu.be/QfF6gr8YOV4

っという事で、お店の目の前でこんなかわいい生き物と遊べてしまいます。
ぜひパラオへどうぞ!