パラオのダイビングショップ

ブログ&ニュース

就労ビザ 更新への道

パラオ店のカズです!!

パラオに来てもうすぐ2年。
っという事で、ワーキングパーミットという
パラオでの就労ビザが12月で有効期限が切れますので、
数週間にわたり、更新手続きを進めました。

最初に就労ビザを取る時にはかなり手続きが大変でした。
日本で公証人役場なんて所も初めて行きましたし、
桜田門の警視庁本部庁舎にも行きましたし。

それに比べれば更新だしすぐ出来るだろうっという考えが
あまかった・・・。そう、ここは南国です。

まず始めにレイバーオフィスにいきます。
日本でいう労働局でしょうか。
今は本庁舎建て替えの為、プレハブです。このお隣にタックス オフィス(税務署)、
さらにお隣にソーシャルセキュリティオフィス(年金や社会保障などの機関)があります。


ここで、更新の為の用紙をもらいます。
パラオでは公的な書類への文字は必ず 青ペン で記入します。
オーナーのサインをもらったり何だりで、間違いなく書類記入をしましょう。

次にポリス オフィス そう、警察署に行きまして
ポリスクリアランスという日本でいう無犯罪証明書を$10払って
発行してもらいます。

申込書に記入し、もう一度レイバーオフィスに戻り隣にある
税務署で入金して、レシートを添付して警察署に戻ります。
(めんどくせーーー!! その場で払わせてーーー)
警察官はその書類にサインを入れてくれて、5営業日後に来いよ。って言って
書類のレシートに、ご丁寧に日付と時間まで書いてくれます。

5営業日待って警察署に行くと・・・・

警察署の事務所、引っ越し作業してるじゃんww

プリズナーと書かれたTシャツを着ている模範囚が
引っ越しを手伝っています。
そして僕を見るなり、
「月曜日に来なーーーー!」
って。
金曜日って書いてあるから行ったのにね。

ちなみに、警察署のお隣が消防署。

世界各地の中古消防車や救急車が待機しています。
(もちろん日本のもね)
ありがたや~

そして月曜日。警察署は3日ぶりの営業?なので大混雑です。
僕が警察署に入った時は13番の札を持った人が何かの手続きしてます。
僕の番号は23番。こりゃ、かなり時間かかるな?と思っていると
17番札を持った人が呼ばれた後、何もしていない隣の窓口のおじさん警察官が、
僕を指さし、「カモン!」って。
順番なんて有って無いようなもんです。順番とばされた人、かわいそう・・・。
で、無事に無犯罪証明書をゲットです。

次に必要なのはヘルスサーテイフィケイト、健康診断ですね。
通常の健康チェックに加え、パラオでは結核がないので、結核予防の為に
注射を打って2日後に再診してもらいます。

ここがお世話になった病院。

実はこの病院、パラオの総合病院の敷地内にあります。
日本では病院の敷地に別の病院ないですよね。

で、再診も無事通過して用紙をもらったらお隣の総合病院の受付で
用紙を完成してもらい、その書類を持って一番最初のレイバーオフィスへ。

その後、イミグレーション(入国管理局)で審査が入り、書類にサインをもらいます。
イミグレーションは例の警察署の2階にあります。
またまた移動です。(めんどくせーーーーw)

イミグレーションからレイバーオフィスに戻り、書類を提出して
手続き完了。
「1ヶ月ぐらいで出来るから よろしく!」といわれましたが、
ほんとに出来るのかなぁ?w

っという事で、予定では1ヶ月後に更新された就労ビザが手元に届く予定であります。

おしまい